Interop Tokyo 2012 3日目 「OpenFlow Networking Special Panel」 | 漂書

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | 2015.12.16 Wednesday | | - | - | このページを行き先登録

category : | | | | | このページを行き先登録

Interop Tokyo 2012 3日目 「OpenFlow Networking Special Panel」

最後の講演です。
OpenFlow Networking Special Panel 15:20-16:00
 講演者   :岩田 淳氏 (NEC クラウドシステム研究所)
        宮永 直樹氏 (NEC 第一企業ネットワークソリューション事業部)
  モデレータ:佐宗 大介氏 (ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

アジェンダ
・OpenFlow/SDNとONFの概要
・OpenFlow/SDNのユースケース
・Interopでの取り組み
・パネルディスカッション


・OpenFlow/SDNとONFの概要(佐宗氏)
1日目の「OpenFlowの概要とONFの役割」の簡略版。

・NECの取り組みについて(岩田氏)
 ・開発経緯
  → 2007年から活動開始(Clean Slate Program)
  → 2009年 Clean Slate Laboratory
  → 2011年3月にONF発足 : ユーザ企業がボードメンバ
  → 2012年5月にONRC発足 : インダストリーから構成される

 ・OpenFlow/SDNソリューション
  誕生の背景は、既存ネットワークへの不満から
  → サーバ仮想化の次はネットワーク仮想化が必要

 ・ネットワーク仮想化とは
  ・複数のスイッチをプール
  ・ネットワークアプライアンスもプール(統合)
  ・サーバもプール
   → すべての物理リソースをプール化し、論理的にシステムを構築していく
   → OpenFlowコントローラがSDNの第一歩
    → どういうアプリケーションを作るかはみなさんのアイディア次第

  ・ネットワークの可視化
   → 論理的に構築したネットワークを見える化する

  ・トラフィックを選択的に制御することが可能になる

 ・Open Source Controller活動
  ・Trema
   ・GPLv2
    → CとRuby、Pythonもコミュニティで開発開始

  ・シミュレーション環境も整備されている(実機を使っての検証も可能)
  ・Sliceable Routing Switch(GPLv2)

  ・クラウドプロバイダのニーズが多様
   → オープンソースで出すことで、吸収していける

  ・NICT
   → RISE Controller(Tremaベース)が、Interopでのグランプリを受賞

・OpenFlow ShowCaseのみどころ(佐宗氏)
 ・日本初の試み(マルチベンダのコントローラ、スイッチ)
 ・転送プレーンのデモ
  → OpenFlow1.0でなにが出来るのか

 ・7つのユースケース

・ShowCase ShowNetにおけるNECの取り組み(宮永氏)
 ・ソリューションで見せていきたい
  → クラウド基盤のネットワーク基盤

 ・これも、1日目にオープンステージで聴いた内容の簡略版。

・トレンドについて
 ・宮永氏
  ・今回のOpenFlowショーケースの人の集まり方は、過去とは違う特別な感じ
   → ユーザの期待感があるのかな?

 ・岩田氏(日本と米国での違いは?という問いに)
  ・ONSでの発表で、GoogleがOpenFlowを自作した(コントローラ、スイッチともに)ことを発表した
  ・プロバイダ自身がソフトを書いて利活用していく。
   → しかし、それらは、それらの環境に特化されているので、汎用ではない。

  ・大学や研究機関が活発にオープンソースベースでいろいろやっている

  ・日本は、去年の10月くらいからフィーバーが始まった
  ・オペレータが中心にあっという間にリーディグエッヂに来た

  ・SIerが自分たちのツールとしてコントローラを作る(日本ならではの取り組み)

・将来性・可能性
 ・宮永氏
  ・課題=将来性と思っている。
  ・EthernetFabricと違うのはどこか?
   → ネットワークレイヤとしての嬉しさだけでは無く、
     クラウド基盤のAPIを使って運用性を向上させていく
     → APIをユースケース別に作っていくなど

 ・岩田氏
  ・SDNというキーワードが代表
   ・あるアプリケーション領域に特化した形でカスタマイズが出来る
    → さまざまな使い方に合わせてカスタマイズが出来る
   ・ユースケースが今後どんどん出てくることを期待

  ・いまのCLIで行われているパラダイムから、プログラマブルのパラダイムになっていくだろう。

感想
 OpenFlowのオープンステージで、すでに聞いた内容が大部分で、ちょっと残念でした。
 まあ、そっちを聴いていなかった人のための配慮なのでしょうけれどね。
 3日間、べったりと張り付けるなんて、普通はそうそう無いですからねぇ・・・。

 宮永氏の、課題=将来性に同意ですね。
 いろんな課題があるということは、それだけ適用範囲が広い、ということでもあるはず。

 そして、岩田氏のいうパラダイムシフトが、やっぱりキーポイントなんでしょうね。
 自分のようなネットワーク屋さんは、これから本当に気を引き締めていかないと。。。

 
category : Technology | 2012.06.17 Sunday | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録

スポンサーサイト

category : - | 2015.12.16 Wednesday | 13:49 | - | - | このページを行き先登録
コメント
コメントする




トラックバック
この記事のトラックバックURL:http://ikedas.jugem.jp/trackback/261

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

新しい記事

分類


執筆者:

Links



ez-HTML (Web Frontier)
Created by ez-HTML
ルミガン