曖昧沈考 | 漂書

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | 2015.12.16 Wednesday | | - | - | このページを行き先登録

入り口は大切だと思う

人間というのは面白いなぁと、時々、何の脈絡もなく突然思うことがある。
意識上に上らないだけで、何らかの脈絡は必然として存在しているのだとは思うのだけど。
category : 曖昧沈考 | 2007.10.26 Friday | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録

命の重さ

「クライマーズ・ハイ」を読みました。
その中で、ハッとさせられる部分がありました。
category : 曖昧沈考 | 2007.10.31 Wednesday | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録

ネットにおけるCommunication

nikkei BPnetのネットワークと子ども、悩みつづけるオトナ達(7)
この記事を読んで、むむむっと考え込みました。

記事自体は、ありがちな「ネット否定論」ではありません。
そこに陥らないように、繊細に構成している感じを受けました。
まともな記事であっても、中身をろくに読まずに脊髄反射されることが多いからかな。
ここまで気を遣って書かなきゃいけないことに、ちょっと同情します。
category : 曖昧沈考 | 2007.11.08 Thursday | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録

結局は距離、ということか

前回書いた内容について、考えていました。
そして、結論に達しました。

そっか、結局は距離感の問題なのだな、と。
なるほど、同じ場所に還ってくるのかぁ。
ネットがもたらしたものは、つまるところ、距離の短絡。
それは、物理的な距離に留まらないという事か。

うーん、深いな。
物理的な距離と、精神的な距離感、か。
category : 曖昧沈考 | 2007.11.09 Friday | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録

「ウェブ時代をゆく」についての講演を読んで

まず始めに、梅田氏の著作は全く読んだことがありません。
読む気になれない、というのがその理由。
その前提で、梅田氏の講演について感じたこと。
読んだこと無いのに何言ってんだ、という批判は百も承知で。

なんで、氏の著作を読む気になれなかったか。
それが、この講演を読んで朧気に分かったような気がします。
梅田氏とは、「方向」というか、そういう部分がぜんぜん違う、と思う。
category : 曖昧沈考 | 2007.11.19 Monday | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | このページを行き先登録
|   Page.1/5  >> |

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

新しい記事

分類


執筆者:

Links



ez-HTML (Web Frontier)
Created by ez-HTML
ルミガン